健康寿命のバロメーターは、歩数でなくて「歩行速度」だった

2017/05/11

健康度を示す指標は歩く速さだった

人生90年時代を迎えています。「いつまでも、いきいき元気に暮らしたい」、これは誰しもの願いです。

しかし、介護などの世話にならずに自立した生活ができるまでの年齢である「健康寿命」と「平均寿命」の差、すなわち、介護や医療の世話になって過ごす「不健康な期間」は、女性で12年以上、男性で9年以上にもなっているのが現実です。

健康寿命を延ばして、いきいきと暮らし続けるには、特に、体の機能低下や、認知症などで要介護などの状態になる原因を予防していくことが大切です。

手軽な健康増進活動として、ウォーキングが人気で、1日に歩く歩数の目標を立てている方も多いのではないでしょうか。

「私は1日1万歩も歩いているから健康には自信あります。」と、お話される方もいます。

でも、自分の健康寿命を延ばすために意識すべき「健康度」を表す指標は、実は、「歩数」ではなくて、普段の「歩く速さ」だったのです。

「歩行速度」が、健康寿命延伸の総合指標

2017/05/11

歩行速度が健康寿命延伸の総合指標

日常の運動、食事、生活習慣など、これらがすべて総合的に、「歩行速度」に結果として現れてくることが、最新の研究でわかってきています。

日頃から自分の今の「歩行速度」を知っておき、この速度を維持していけるように、運動や食べ物に気をつけて努力していけば、老化による認知機能の低下などの事前予防ができるのです。

2015年の暮れには、NHKスペシャルでも、『歩行速度で認知症がわかる』 と題して、将来の認知機能低下の予兆が歩行速度に早期に現れること、そして、たとえ歩行速度が落ちてきても、早歩きなどの運動で、認知症に予防の道があることが報道されました。ご覧になった記憶のある方も多いと思います。

日常「歩行速度」を維持すれば、若さを保てる

2017/05/18

年齢と歩行速度 従来の老化のイメージグラフ

左のグラフは、年齢別の標準平均歩行速度です。ここで言う「歩行速度」とは、一生懸命歩いたときの最高速度ではなく、普段何気なく歩いているときの「日常歩行速度」のことです。

グラフでは、40歳代後半から、年齢とともに、平均歩行速度は遅くなっていますが、これは、全体の平均値ですので、一人一人の歩行速度は、このように毎年毎年どんどん遅くなっていくようなものではありません。

最新の研究によると、老化は、毎年直線的に進んでいくことが避けられないようなものではなく、実は、人間は、寿命を全うする直前まで、一定機能を維持できることがわかってきているのです。

まず、自分の歩行速度を知り、それを低下させないように維持していくことが、健康寿命延伸の重要なポイントなのです。

「歩行速度」の変化に注意しよう

2017/05/18

歩行速度の変化に注意

歩行速度が分速48mより遅くなると、幹線道路の信号を渡りきれない状況で、認知症のリスクや介護のリスクが高い状態と考えられています。ここまで落ちてしまわないうちに、早くから速度維持に取り組み始めることがポイントです。

もしも、最近「歩行速度」の落ち方が、以前よりも大きくなってきたことに気がついたら、将来の認知機能低下のリスクに注意してください。 (※ 将来のリスクとは、今すぐではなく、数年後~10年以上先での認知機能低下の予兆リスクである可能性を指しています。)

早く気がづけば、挽回できます

2017/05/18

早く気が付けば挽回できる!

でも、「歩行速度」の落ち方が大きくなってきたことに早めに気がついたら、まだ大丈夫。適切な運動習慣の改善などで、まだまだ十分回復可能です。

日頃から、ご自身の「歩行速度」を意識して、速度の維持を目標にすることで、「健康長寿」を目指していきましょう!

歩行速度が分速48mより遅くなると、幹線道路の信号を渡りきれない状況で、認知症のリスクや介護のリスクが高い状態と考えられています。ここまで落ちてしまわないうちに、早くから速度維持に取り組み始めることがポイントです。

もしも、最近「歩行速度」の落ち方が、以前よりも大きくなってきたことに気がついたら、将来の認知機能低下のリスクに注意してください。 (※ 将来のリスクとは、今すぐではなく、数年後~10年以上先での認知機能低下の予兆リスクである可能性を指しています。)

毎日、歩行速度を自動的に測って、健康寿命延伸をサポート

2017/05/18

いきいきスマホで自動的に歩行速度をはかろう

“いきいきスマホ”は、毎日、自動的に歩行速度を測っていて、あなたの最近の歩行速度を表示できるスマホです。

3ヵ月毎に、歩行速度の分析レポートもお送りいたします。

でも、スマートフォンって、なんか難しそう? 毎月の料金が高いんでしょう? 大丈夫です! “いきいきスマホ”は、55歳~89歳のみなさまのご要望にお応えして、様々な工夫をして、遂に完成しました。

携帯電話から、安心して乗り換えていただけるように、料金面でもがんばりました。

“いきいきスマホ”で、アクティブ・ライフのお供にご活用ください。

“いきいきスマホ”について詳しくはこちら